プロミス 審査の必要書類と保証人・連帯保証人について

hatena01

プロミスで融資を受ける場合は必要書類を予め用意しておく事になっています。日本国籍が有る人が申し込みをする場合は、身分証明が出来る物を用意しておけば良いという事になっています。

また用意した書類と現在住んでいる場所が違っている場合は、現在の住所を証明する事が出来る住民票等を用意してから申し込みをします。そうする事によって、後は審査に通る事が出来ればプロミスから融資を受ける事が出来るようになっています。

また、プロミスは原則的に無担保融資となっています。そのため、審査の時に担保や保証人を用意しておく必要は一切ありません

あくまでも自分の身分証明だけを用意しておけば審査を受ける事が出来、それにパスする事が出来れば融資を受ける事が出来ます。

ただ、全ての場合で身分証明が有ればプロミスの審査を受けて利用する事が出来る訳ではありません。実際には希望する借入額によっては収入証明が必要となります。

プロミスは無担保融資となっており、担保が必要なタイプに比べると金利が高く設定されています。これは、予め弁済手段が用意されていない状態なので、金利を高くして貸したお金を早く回収しようという考えが関係しています。

勿論借入額が少なければ金利が少々高かったとしても返済総額にはあまり大きな影響を及ぼしませんが、借入額が高くなればなるほど、その金利分によって返済総額がアップして行ってしまいます。

本当にその人にお金を貸しても良いかどうかを判断する為、借り入れ希望額が50万円を超える場合、若しくは他社との合計が100万円以上となる場合は源泉徴収票や確定申告書、給与明細を用意します。

プロミス審査の在籍確認の電話は「非通知」で来る?

プロミスで申し込みをすると審査が行われます。その最終段階で行われるのが在籍確認で、それが終了すれば後は契約、融資となります。

在籍確認は申込をした人が本当の事を申告しているかどうかを調べる為に行い、本当にその職場で働いているかどうかを調べる為に電話を掛ける形が一般的です。

プロミスでも審査において在籍確認の電話を行っていますが、その場合は基本的に非通知で電話をするようになっています。プロミス等金融機関は在籍確認の電話をする際、借金をしようとしていることなどを職場の人に伝えてはいけないという事になっています。

そのため電話を掛ける時は非通知で、さらに金融機関名を出して電話をするのではなく担当者の個人名で掛けるという事になっています。

しかし職場の電話機によっては番号を通知しなければ電話がつながらないという事も有ります。電話機の中にはその様に設定する事が出来るようになっている物も有るので、全ての場合で非通知で電話をする事が出来る訳ではありません。

この場合は番号を通知してもう1回かけ直しをする事になるので、職場の方にプロミスの番号が知られてしまうという事になります。ただ原則的には審査の時の在籍確認に於いて、プロミスが番号通知をして電話を掛けるという事は有りません。

だから審査を受けようとしている事が職場の人に知られてしまうという心配もなく、さらにかかってきた電話番号からかけ直しをされてしまい、結果的にプロミスを利用しようとしている事を知られてしまうという事も有りません。