プロミスから審査の連絡が来ない!知っておきたい対処法

金融会社であるプロミスで借り入れやローンのサービスを利用したい場合、契約をする前、審査は必ず伴うものです。

審査を要する時間は数日から一週間は要するケースがありますが、プロミスから審査結果が届くまで長い日数が経過しているならば、「本人が金融会社であるプロミスに連絡を差し上げる」事が一番素早くて、待つまでの間の不安も外せるのです。

しかし、審査開始してから、しばらくしても連絡が来ないという理由で電話しても、審査事態にマイナスの影響を与える可能性は低いと判断が出来ます。

プロミスは会社設立から現在迄、随分と年月が経過した、知る人は多い会社ですから、利用者も少なくはないのです。仮に審査中のお客様が多い場合では、順を追って対処している可能性はありますから、「順番待ち」である事はあります。

しかし、明らかに可能性が一番低い例を出しますと、「審査する事を忘れてしまっている」という、ごく稀なケースがあります。

どのような状況でも、一番簡単で素早い対処方法は問い合わせて、自分の審査状況はどのようになっているか、問いただすべきではあります。

もしも「処理の段階であります」と回答された、或いはそれに近い回答が出たのならば、もう少し待つ必要性はあります

本人が金融会社に問いただした後でも、まだ結果が表れず不安ならば、興味の対処を反らしていく事もキーポイントとして指摘が出来ます。

メンタルコントロールと呼びますが、報告が来るまでに前向きでいられる何かは探すべきです。

アコム、プロミス、モビットで審査落ちした人が知っておきたいこと

消費者金融の中でも大手と呼ばれる「アコム・プロミス・モビット」などは、老舗であるということもさることながら「幅広い利用者の希望に対応できる」という特徴があることが大きな理由です。

言い方を変えれば「融資難易度が低め」と言うことになりますが、だからと言って誰でも希望すれば融資を受けることが出来ると言う訳ではありません。

その為、如何に可能性が高いと言われるアコム・プロミス・モビットなどに審査申込みをしたとしても、申込者の状況次第では「審査落ち」の可能性が否定できません。

もし、アコムやプロミスなどで審査を受けた結果が良くなかった場合、「何が原因なのか」ということをしっかりと検討していくことが次に融資を勝ち取る為のポイントです。

まず、アコムもプロミスも「安定した収入がある人に対して融資を検討する」としています。安定した収入の定義はあいまいですが、要するに「毎月、定期的な収入があるかどうか」という点がポイントです。

正社員であろうとアルバイトであろうと問題ありませんが、「年収と債務の総額がおおむね1/3以下である」と言うことがポイントになります。

また、年収自体が200万円を下回っている場合は融資を受けられない可能性が高くなるので注意が必要です。

最後に、いくらお金が必要な状況で審査落ちしてしまったとしても、次々に審査申込みをすることは避けることが必要です。

その行動は「申し込みブラック」を助長してしまうため、状況がさらに悪化する可能性が高まります。